ヤマノイモ – ヤマノイモ科

山野に生えるつる性の多年草。雌雄異株で7~8月に穂状に白い小花が咲きます。葉腋にムカゴがついて食用になります。
生薬名はサンヤク(山薬)で、多肉根が薬用部分になります。滋養強壮、去痰(きょたん)に用いられます。
栽培するナガイモに対して自然生(ジネンジョウ)といいます。「とろろ」にしてごはんにかけて食用。よく似たものにオンドコロがありますが、葉の形が丸く根茎が横に這うので見分けがつきます。