タンポポの根 – キク科

野原や道端などに自生する多年草。草丈15~30㎝で花は3~4月に咲き色は黄色、茎を切ると白い汁がでます。花後にできる穂がタンポ(綿球)に似ていることからタンポポと名前がつきました。
生薬名はホコウエイ(蒲公英)、苦味健胃の薬効があります。若葉は聖書に「ビターハーブ」の名でのっており古くから食用として利用されています。