スイカズラ – スイカズラ科

林縁などに生えるつる性の常緑木本。葉は対生で花期は5~6月で、花色は最初は白色で後に黄色に変わります。薬用部分は茎葉・花で、消炎・収斂(しゅうれん)・制菌などの薬効があります。漢方では花を消炎・利尿剤として用い、民間では扁桃炎、火傷などに煎じてうがいか外用しています。花の蜜を吸い出して食べたところから「吸いかずら」の名前があります。葉は冬でも落ちないので「忍冬にんどう」、花色が変わるので「金銀花きんぎんか」とも呼ばれています。栽培は春か秋に苗を植え、つるが伸びたら支柱にからませます。