クマザサ – イネ科

イネ科のササの一品種。豊富な葉緑素とともに食品を長持ちさせる効果のある安息香酸やササ多糖類(バンフォリン)を含んでいます。バンフォリンには抗ガン作用がありガンの増殖を抑える作用があるといわれています。またササに含まれるビタミンKは胃炎や胃潰瘍、歯槽膿漏にも有効だといわれています。 冬眠から覚めた熊が体力の回復を図るために好んで食べるので「熊笹」と呼ばれます。