お小水がいっぱいでるのですが?

百年茶の原材料のクコ・スイカズラ・桑の葉・アマチャヅル・オオバコ・カワラケツメイ・ドクダミ等は、腎臓の病気に良いと言われますが、百年茶にはK(カリウム)も多く含まれています。
一般にKは植物性食品に多く、Na(ナトリウム)は動物性食品に多く含まれており、KとNaは相拮抗しながら体内の成分が、常に一定に保たれるように調節しています。つまり、Kが多いとお小水をたくさん出し、反対にNaが多いと水分を体内に貯留させます。そしてKが多くお小水を出すときは余分なNaも一緒に排泄させますから、塩分を制限されている方は、Kの多く含んだ野菜・果物・海藻類を多く摂取すると良いでしょう。
百年茶はまさしくこれらを原材料として作られた健康茶です。
しかも百年茶はKが多いからといって生野菜・果物・緑茶の様に体を冷やしたりしません。
それは原材料を乾燥・焙煎・熟成により温性に変えているからなのです。余分な水分は排泄して体を暖める。健康のポイントです。