おいしい飲み方は?

▼工夫次第で気軽に、手軽に

毎日の健康維持にぜひお役立ていただきたい“精茶百年”。お茶がわりにご愛飲いただくほどその良さがわかります。気軽にお飲みいただけるよう、ポットに詰めたり、冷蔵庫で冷やしたり、お好みにあわせて一工夫なさってください。

▼ティーバッグのあけ方

ティーバッグの左はじの切れ目を両手でつまみ、ティーバッグを破かないように丁寧に開きます。
百年茶用のヤカンは耐熱ガラス、土瓶、ホーロー引き、ステンレス、 アルマイト製品をお使いになりますと、より風味良く出来上がります。
使用済みの百年茶は、ティーバッグを破って植木に捨ててください。植木の肥料として評判です。

▼ちょっと手間をかけて最高の味を


お休みの前に水1リットルに対し、ティーバッグ1袋をヤカンに入れて浸しておく。翌朝トロ火にかけ、沸騰後7~8分してティーバッグを取り出しポットに移してお召し上がりください。精茶百年の本当の味と香りが楽しめます。

▼ポットに直接入れれば、いつでも


ティーバッグ1~2袋をポット(魔法瓶)に入れ、熱湯を注いでしばらくおきます。いつでもお手軽に熱いお茶が楽しめます。

▼急須で簡単ティータイム


番茶風に急須にティーバッグ1袋を入れ、熱湯を注いで3分、最も手軽なティータイムです。

▼さわやか風味の百年茶割り


ウイスキーや焼酎の百年茶割りとしてお飲みになる方が、大変増えております。ぜひ一度お試しください。

▼冷やしてクールドリンクに。


夏は冷蔵庫で冷やして、さわやかなクールドリンクをどうぞ。